24時間、365日態勢で管理・操作

24時間、365日態勢で管理・操作

国内(世界?)で唯一、現在、このシステムを有しているフルタイムシステム社では、「オンラインロッカー」と呼んでいるようデス。管理者や管理会社による自主的な管理が自主管理式宅配ボックスでは必要になりますが、管理やメンテナンス、およびトラブルへの対応を、このオンライン宅配ボックスでは、宅配ボックス内蔵コンピュータと専用回線で繋がった管理センターのコンピュータが連携を取りつつ処理してくれます。

つまり、トラブル発生のときに、利用者は管理者・管理会社担当者の到着を待たずに、スピーディーに解決することが可能になります。コンピュータで全てを一元管理しており、配達業者の入庫ミスから扉異常、付属の伝票レシートの紙切れ警告といった細部に至るまで可能です。

現地に設置をされた宅配ボックスを管理センターを背景にし、24時間、365日態勢でリアルタイムに管理・操作するシステムの事です。それに、扉の開放をいずれかのトラブルによって要する時でも、遠隔で管理センターから解錠操作が可能なので、管理者の現地出動の手間を省けます。

荷物の取り忘れや倉庫代わりに独占をして利用(極上他の宅配ボックスのシステムでは問題になってるらしい)するなど、利用者に直接連絡(メールなど)通知をすることによって、長たらしい期間に亘って使用をする人がいる場合、荷物の取り出しを促す事が可能です。コールセンター機能(サポート)が単純にある宅配ボックスとは異なります。

「いつ」「誰が」「どのようにして」特定の宅配ボックスの扉を開けたのかも管理センターで常時把握をしてるので、セキュリティ面の不安もありません。