1年あたりに1兆円以上のインターネット取引

1年あたりに1兆円以上のインターネット取引

大手家電メーカー、ヨドバシカメラではインターネット取引での売り上げが200億円を超えたみたいデス。その利便性の高さから広く世の中に認知された宅配ボックスは、「あったら便利なもの」から「なくて不便なもの」へとその存在感を日々でかくふくらませてます。

ネットショッピングの魅力には、「いつでも」「どこからでも」「どんなものでも」ほしいものが購入する事ができることと、商品の比較がしやすいこと、そして商品の情報を簡単に検索する事があげられます。さて、このネットショッピングの隆盛。

ファッションウォーカーなどの年頃女性のための通信販売ウェブマガジンでは訪問客が一日に50万人を突破。これにはインターネットの普及の他に既にひとつ、欠く事のできない重要な要因があります。

また、現在パソコンによるインターネット利用者のうち、インターネットショッピングの利用経験のある者は全体の89.1%にも上っていることを考えると、インターネットショッピングの利用者も今後確実に増えていく事が容易に予想を立てられれ、マスマス宅配ボックスのニーズと価値は高まる事は間違いのない既定の事実と言えます。インターネット取引で売買契約が成立したその全ての商品は購買者に向けて配送をされる形をとっています。

それは、流通業界を前提とした場合のサービス品質の飛躍的向上にあります。ネットの普及に伴い、ますます加速をするインターネットショッピングの勢いはとどまるところがありません。

その受け皿となるものが、家に不在の時でも荷物を受け取れる新時代型ライフサポートツール、宅配ボックスなのです。現在、国内最大級のネットショッピングモール「楽天市場」では、1年あたりに1兆円以上のウェブ取引が行われてるといわれています。